ブログ

2017年

12月

28日

グラデーション

 

 2017年が終わりに近づいて来ました。

 

 例年にも増して多くのことがあり、あっと言う間の一年間でした。いろんな出来事に対しても、又そこで起きてくる感情にも、グラデーションの様に、常に変化し得るものとして、やわらかく折り合いをつけていくものなのだと、改めて感じています。

 

 折り合いをつけるには、観る力、調整する力、信頼する力が必要です。

 その力をつける方法の一つとして、ヨーガやアーユルヴェーダがあります。

 

今年もお世話になりました。

ありがたい気持ちでいっぱいです。

ここに訪れて下さる皆さまも、どうかよいお年をお迎えください。

0 コメント

2017年

11月

29日

楽しく歳月を重ねる

 

 しばらくブログが書けませんでした。10月の初めに両親が病気で入院してしまい、毎日が慌ただしく過ぎていったような気がします。

 

 おかげさまで、11月の半ば、両親ともに退院し、とりあえず日常に戻りました。

 普段の生活に介護がプラスされると、毎日が一気に、いっぱいいっぱいになってしまいます。

 

 今まで大切に育ててくれたことを思うと、つい必要以上に頑張ってしまいがちです。

 そこで意識したのは頑張り過ぎてるなと思ったら、ブレーキをかけて休息を取ること、一人で頑張らないことでした。まずは自分が心身ともに健やかでいられるように、自分自身から整える事はとても大切です。

 

 そういった点で今回も、ヨガニードラに随分と助けられました。心身の緊張をほどくことは、本来の自分自身に戻る事にも繋がっていきます。

 

 11月も数日で終わり、いよいよ師走!

寒さも加わり、何かと緊張する季節ですが、心穏やかに過ごしたいものです。

 

 上の写真は今朝の新聞に掲載されていた、富士フイルムの広告。

 

笑って年を重ねていきたい!

0 コメント

2017年

9月

19日

彼岸の入り

 

 色んな場所で、彼岸花が咲いています。(写真はオジギソウで~す。)

 

  今日は彼岸の入りだそうです。 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、早朝の冷んやりとしてきた空気の心地良さと、これからだんだん寒くなって早起きが辛くなってくるぞ、というゾクゾクする様な気持ちが、ちょうど半々になっています。時には、この夏にやろうと思っていたけれど、できなかったことを思い返してみたり。

 

 今現在、ここで感じることのできる心地良さを、シンプルに味わえると良いのですが、人は動物と違い、その心が過去や未来を、簡単に行き来する様にできていますね。そのため、考えても仕方のない将来への心配や、過去への後悔が、その人自身を必要以上に消耗して、疲れさせてしまうことが起こりがちになります。

  そういう時、身体は現在ここにあるのに、心はどこで何をしようとしているのでしょうか。

 

 ヨガを重ねることで、呼吸を整え心を落ち着けることを身につけていきます。その時その時の心を味わうことで、今ここに居る自分自身を意識化しますが、同時に自分が何にとらわれているのか、客観視することにもつながります。

 

 日々の練習を通じてこの力を身につけると、心も軽やかに、シンプルに現在を味わえる様になっていきます。

 

 にちにちヨガに参加して8年目の方々が、「本当に継続は力なりだね~」という言葉を、口々におっしゃって下さいます。心や身体それぞれの動きについて、効果を感じていただけていれば嬉しい限りです。

 

 その意味で、ヨガは初心者も経験者もプロもないと私は思っています。

 ただ、自分と向き合う時間を過ごし、自分を慈しみ、あじわうことの繰り返しです。

 

 

 淡々と、こつこつと。

 

 

0 コメント

2017年

8月

09日

五感のトレーニング

 

 

 新聞を見ようとすると、構って欲しい愛犬が「新聞を見ないで、遊んで!」と新聞をやぶり、私の目の前でニラんでおります。ちょっと撫でながら遊ぶだけで、お互いが落ち着いてしまうという日常…。 

 

 

 

 

 

 

 7月にヨーガ療法学会出席の後、九州大学の「篠栗九大の森」で緑色を沢山、目に入れて、初めて見る風景に元気を貰いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 甘くて軽いクッキーが食べたくて、簡単に作れるレシピでおやつ。

 これは、抹茶入り。薄力粉、バター、きび砂糖のみ。

 五感も筋肉と同じで、トレーニングをする事がとても大切だそうです。何もしないと衰えるということ。

 

 

五感のトレーニング

 

  • 触覚  →ハグ、撫でる、握手で脳内の愛情ホルモン、オキシトシンが出る事で癒しや安定感をもたらす。

 

  • 嗅覚 香りに意識を向ける。その香りを嗅いで、どんな気持ちになるのか、または記憶や香りで想像する風景など思い浮かべる。

 

  • 味覚 →味わう。その食材は何処から来たのか、味、食感に意識を向ける。

 

  • 聴覚 →四六時中、音がある場所に身を置いているのであれば、出来るだけ無音状態で耳を休ませる。又は、1つ1つの音に注意を向けて、1つの音を拾ったら、次の音を拾う。自然の音、美しいと思う音を聴く。

 

  •  視覚 →情報過多の時代、目から受け取る刺激は10年前と比べても何十倍の情報量だとか。パソコン、スマホに触れている時間が長い人はとにかく、目を休ませる。又は美しい風景や草花、夜空、星を眺める。

 

 

 日々の生活の中で、ちょっと丁寧に意識を向けるだけで五感のトレーニングは出来そうです。

 

 にちにちヨーガのクラスでは、五感瞑想も行います。五感を研ぎ澄ませ、日々の生活がより充実した味わい深いものになりますように。

 

0 コメント

2017年

7月

02日

クールダウンの季節

 

 7月になりました。きっと梅雨明けも間近でしょう。

 

 暑い日本の夏がやってきます。

ピッタの季節はクールダウンを心がける事を大切にしましょう。

 水分も休息もこまめに取りながら健やかに、今年の夏を楽しめますように。

 

 ピッタの季節は、ヨガニードラ※3 も毎回入れて行きます。

 

 

 私事で恐縮ですが、ヨーガ講師をスタートして、この7月で丁度10年を迎えました。沢山の方々に支えられている事を忘れずに、これからも頑張ります。

 

 どうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

0 コメント

2017年

6月

02日

6月のメモ

 6月です。

 ここ数日の間で、すっかり真夏の様になり、身体から悲鳴が聞こえて来ます。

 

 冬に入る頃から、もう少し体力をつけてみようと思い、ウォーキングや心拍数を上げるようなトレーニングを積極的にやっています。おかげで、力はそれなりについて元気だなと思える日が続いています。しかし、この暑さにはバテ気味。アーユルヴェーダの観点から私の一日の流れをみると、夜の過ごし方に無理があるのだろうと自覚しています。

 

 

 アーユルヴェーダで午後6時から10時頃は、夜のカパの時間と言われていて、この時間に早めの夕食をいただいて、のんびりとした時間を過ごす事がすすめられます。加えて、ヨーガや呼吸法などを行うことで、健やかな新しい朝を迎えることにつながります。

 午後10時過ぎには就寝できると、言う事なし!です。

 

 現実には、なかなかそうもいかないものですが、呼吸を整え、軽く身体を整え、今日という日に感謝をして、なるべく早めに寝る!

という、私のゆるいルーティンはあります。

 

 出来る範囲で、猛暑と仲よく付き合っていきたいものです。

0 コメント

2017年

4月

30日

4月最終日

 

 やっと春だな、とホッとしていたら4月も最終日です。夏に向け、身体も心もボチボチと準備していこうと心がけています。

 

 ヨーガ療法では、アイソメトリック※1 の程よい負荷をかけての筋力トレーニング、アイソトニック※2 で心拍数を少し上げることで、心肺機能を維持していきます。

 身体が整ってくると、落ち着いて瞑想も行う事が出来ます。

 

 

 生け花を教えて頂くようになって、花や草木を今までよりも愛でるようになった気がしています。

 楽しみが増えるって、生活そのものに繋がっていくものですね。

 5月も、健やかな日々になりますように。

 

 

0 コメント

2017年

3月

23日

春の訪れ

今年は何か新しい事をやってみたいと思っていたら…


お花のお稽古を始めました。


日常にお花がある生活は、眺める度にホッと一息つけるような気がします。

0 コメント

2017年

2月

14日

自分の中にある愛

 満月の夜に、お世話になっているスタジオRで、バレンタインLoveヨガレッスンがありました。通常のレッスンとは違い、イベントレッスンです。

担当は、スタジオR主宰の利香先生。

 

 最初にグループワークで「愛を感じる時って?」から始まり、アーサナの練習、ペアストレッチと楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 利香先生始め、参加者全員が温かな愛を持ち寄ったような空間でした。

 

 バクティヨーガでは、真の愛には「愛の三角形」と呼ばれる

  1. 愛は取り引きしない(見返りを求めない。ただ、愛する事)
  2. 愛は恐れない(愛はどんな恐怖にも勝てる)
  3. 愛は比べない(人と比べない)

 これら、3つが揃っているといいます。

 

 数年前、ヨーガ療法でこの事を学び、過去にこのような事があったかどうかを調べる瞑想、熟考瞑想(マナナ瞑想)を行いました。その時に心に浮かんできた出来事があります。

 

 それは娘が2歳くらいの時に自転車に乗せて、移動中の事です。

 わずかな段差にタイヤがスリップして自転車が倒れました。一瞬でしたが、私は娘が倒れようとする場所に自分の足を伸ばして、娘のクッションがわりにすることができました。気づいたら足は血だらけで、しばらく立ち上がる事も出来なかったという場面です。

 

 その時、自分のケガの痛みよりも、娘が無事だったことに安心したのですが、この出来事を思い出し、娘を大切に思う気持ちの存在自体にとても癒されました。きっと誰にも備わっている愛ではないでしょうか。。

 

 家族やペット、友人の為にそのような経験をした事がありませんか?

日々ヨガクラスでは、自分自身を客観視する力を育む事に重きをおいています。

 そして瞑想を通じて、自分の中に既に備わっているものを拡大していくことを目指しています。。

0 コメント

2017年

1月

14日

酉年

 

 遅れ馳せながら、今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 今年は、4回目の年女です。

どんな時にも、目の前にある温かな光に気付けますように。

 

 寒い季節は代謝も上がります。身体を動かすには、最もオススメの冬です。コタツでじっとしたい(私です…)気持ちを一掃して、一歩踏み出しましょう。

 

 

 今年も淡々と自分自身と向き合いながら、俯瞰するチカラを育んでいきましょう。

 

0 コメント

2016年

12月

31日

大晦日

 今日が終わり、明日を迎える。

 

 日常だけど日常ではないと思わせるような、悲しい出来事だって、時には起こることもあると思います。

 

だからこそ、いろんな感情を丁寧に味わっていきたい、と思えます。

 

 今年もお世話になりました。

 ここに訪れて下さる方で、なかなかお会い出来ない方も、いつもありがとうございます。

 

 どうぞ、温かな年末年始をお過ごし下さい。

 

 

※ 写真は、私が大切にしていることの一つ、くたびれた時には、ひとやすみ、ひとやすみ。

0 コメント

2016年

11月

13日

11月15日火曜日 ヨガクラスお休みのお知らせ

ヨーガ療法士応用研修のため、11月15日のヨガクラスはお休み致します。

0 コメント

2016年

11月

13日

秋冬の過ごし方

 

 空気がひんやりと感じられるようになりました。乾燥も気になる所です。

 暖かな日中には、散歩する事が心地よく感じられます。

 

 インドの伝統医学、アーユルヴェーダでは、そんな季節の過ごし方のオススメが沢山あります。

 

 冷たいものを避け、お風呂や岩盤浴などを楽しみながら、体をしっかり温めること。

 寒さに負けずに規則正しい生活を送り、体を動かすこと。

 

 食べ物は、身体を温める作用のあるものをとることが、よいとされています。

 最近は、サツマイモを必ずストックしています。蒸して食べたり、りんごとレーズンと煮てシナモンを沢山振って食べたり。

 

 私にとって幸せを感じる、おやつです。

 この季節ならではの、風景を眺めたり、美味しいものをいただきながら、健やかに過ごせますように! (ヨガの内容も、秋冬仕様になりますよ~) 

 

0 コメント

2016年

10月

27日

夜明け前

数日前の早朝の月。

美しい風景を見る余裕がある時は、ゆっくりと呼吸も味わえます。

健やかな1日の始まり。

0 コメント

2016年

9月

28日

ぬか床

 

 我が家で、二代目のぬか床が引退しました。

 今年の夏の暑さで参ってしまったのです。

 

 二代目は約10年近く、美味しいぬか漬けを届けてくれました。

おつかれさまでした。

ありがとねー

 

 手は尽くしたので悔いはありません。

 また、新たに三代目を迎えようと思います。

 

 いつでも、やり直せるもーん。

 

 

0 コメント

2016年

9月

09日

空が高くなってきました

 空気や風景や食べ物、虫の声が秋色になってきて楽しみだと思っていたところ日中の気温が、ぐっと夏のようにまた暑くなり、参ってしまいました。

 日々のケアは置いといて、ピッタさん、ご勘弁願いますと、お祈りしたくなります。

 

 

 さて、先日の事、

障がいを持った方達とのヨガクラスが終わり、帰ろうとすると、玄関まで車椅子で追いかけて来てくださった方がいました。

 

 話をしていたら、秋の話になりました。

 その方は秋が大好きで、りんごや柿を手伝ってもらいながら作っていらっしゃるそうです。秋の味覚や風景が大好きなのは勿論、寂しくなる感覚がなんとも言えない、その感覚が好きなのです、と仰るのです。

 寂しい感覚が好きと言う方には初めてお会いしましたが、日々のひとつひとつを丁寧に味わっていらっしゃる事が伝わって来ました。

 

 

 肩の力をもっと抜いて一つ一つを味わう、そうすると、自然にヴァータ、ピッタの乱れも整うんだな。きっと。

0 コメント

2016年

8月

09日

盛夏

 あついあつい…と過ごしていたら、8月に入り立秋が過ぎておりました。

 

 アーユルヴェーダでは、夏はピッタの季節。

高温多湿な日本の夏!

 熱と湿り気で身体もピッタが過剰になりやすいです。ピッタのバランスが取れていると情熱や目標に向かって邁進する力があるそうなのですが…。

 

 ピッタのバランスが取れないと頭痛、目の疲れや痛み、皮膚疾患、発熱、消化不良、身体のだるさなど…。 夏バテになりやすいのです。

 

 

 疲れたな~と感じたらブロックやボルスター、アイピローを使って(クッションや座布団、ヨガマット、バスタオルでも代用可)身体を預けるだけで自然と呼吸が深くなり、元気も回復してきます。

 

 少し冷んやりしてきた夜には、外に出て月光浴しながらのクールダウンも気持ちがいいものです。

 

 ヨガクラスでは、ピッタバランスを整える事を目的として、身体の使い方や呼吸法を紹介しています。

 

 

 上手にクールダウンをしながら、もう少し続く夏を健やかに過ごしていきましょう。

0 コメント

2016年

7月

01日

9年目

 今の仕事を始めて9年目に入りました。

 9年目、最初のクラスはお世話になっている、スタジオRでさせていただきました。

 

 ヨガはインナートリップと言われる事があります。自己の内面世界の旅、魂の旅。

 自分の中に落ち着く場所を見つけて、いろんな自分を発見しては耕し、整えていくといったところでしょうか。

 それはマットの上で行うヨガに限らず、日常においても自然に起こってきます。

 

 意識しないところで、そうする事が心地いいと思えるからこそ、続いていくのかもしれません。

 

 

 

0 コメント

2016年

6月

08日

梅雨

梅雨入り。

身体が重だるく感じたり、むくみやすくなったり。

一方で、この時期ならではの美しい光景を見られたり。

あじさいを見るといつも思い出すことがあります。

20年以上前に勤めていた所の上司に

「紫陽花が好きで見ているだけで幸せな気持ちになります」と言ったら次の日に車のトランクいっぱいに紫陽花を自宅から摘んで持って来てくれました。私のじいちゃんくらいの年齢の上司だったのですけど、心遣いに胸がいっぱいになりました。

紫陽花を見る度にありがとうの記憶が重なり、幸せな気持ちになります。

ジメジメ、カビるんるん、身体が重だるいのは不快だけど、違う視点から見ると梅雨もいいなと思える事があったりするかもしれません。

0 コメント

2016年

6月

01日

6月2日木曜日の夜クラスはお休み致します。

 

 

サントシーマ香先生からアーユルヴェーディックヨガセラピー・ティーチャーズトレーニング(後半)を学んで参ります。

0 コメント